お問い合わせ TEL

逆子 | 南武線・横須賀線 武蔵小杉駅 徒歩4分 武蔵小杉鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

逆子

逆子

帝王切開することなく、逆子を改善するなら武蔵小杉鍼灸接骨院までご相談ください。

逆子とは?

妊娠初期ですとお腹の中にいる赤ちゃんはとても小さく、子宮の中で動きまわっています。
通常、妊娠28週目くらいになってくると体や頭も大きくなり、子宮側に頭が傾くのですが、逆子はこの逆で子宮側にお尻や足が向いている状態になります。

逆子になっているからといって赤ちゃん事態に影響を及ぼすことはありませんが、出産に大きな影響を及ぼしてしまいます。

逆子の状態ですと足やお尻から生まれてくるため、産道に足や腕が引っかかってしまい出産に時間がかかってしまうのです。出産に時間がかかってしまうと赤ちゃんは呼吸ができない状態が続いてしまうので、様々なリスクを引き起こすことが考えられます。

逆子の原因

逆子の原因

逆子の原因は子宮に奇形や筋腫がある場合や羊水過多などと考えられておりますが、実際のところは原因不明のケースが多いです。

ただ、武蔵小杉鍼灸接骨院にて逆子の施術をしていく上で原因として考えているのは、陰陽のバランスの乱れやお身体の冷えです。当院に来院される逆子の患者様の多くが陰陽の乱れや冷え性の方がとても多く、そこに対してアプローチをしていくことで逆子を改善できるケースがほとんどです。

逆子の施術

武蔵小杉鍼灸接骨院では、鍼灸を用いた施術によってお困りの逆子にアプローチしていきます。その他にも妊婦さんに合わせた食生活や生活習慣などのアドバイスもさせていただいております。

女性スタッフも常勤しており、完全個室となっておりますので、初めての方でも安心してご来院いただける環境を整えております。

当院の逆子治療の動画