お問い合わせ TEL

突発性難聴 | 南武線・横須賀線 武蔵小杉駅 徒歩4分 武蔵小杉鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

突発性難聴

突発性難聴

日常生活で突発性難聴によるお悩みを抱えられている方は、川崎市中原区の武蔵小杉鍼灸接骨院までご相談ください。

上記のような方は、川崎市中原区の武蔵小杉鍼灸接骨院の突発性難聴専門施術(鍼灸治療)を受けてみてください。当院では突発性難聴の根本原因に対して鍼灸治療を駆使して専門施術を行っていきます。(※痛みを伴う施術ではなく身体に優しい施術法となります。)

突発性難聴の原因

突発性難聴の原因

突発性難聴は、突然、左右の耳の一方(ごくまれに両方)の聞こえが悪くなる疾患(症状)です。よくある事例として前日は何も問題なかったのに急にテレビの音が聞こえにくい、電話の音が上手く聞こえないなど前触れもなく、突然発生することが多い症状です。

突発性難聴の原因は音を感じ取って脳に伝える役割をしている有毛細胞がなんらかの原因で傷つき、壊れてしまうことが起こります。ストレスや過労、睡眠不足などが突発性難聴を引き起こす要因になりやすいため体のバランスを整えることが大切です。

突発性難聴の施術

突発性難聴は主にはお薬(副腎皮質ステロイド薬)での薬物療法および安静にしていることが一般的な処置です。
確かにお薬を飲むことで突発性難聴が軽減されることはあるのですが、根本から突発性難聴を改善できるわけではありません。お薬に頼った施術を続けていると、お薬の量が増えていき、お薬なしでは突発性難聴が再発する状態になってしまいます。

東洋医学での突発性難聴の考え方

東洋医学の考え方に「五臓の働き」があります。五臓とは【肝】【心】【脾】【肺】【腎】からなり、東洋医学ではこの働きを重要視します。突発性難聴の症状もこの五臓に当てはめることにより、原因を探していきます。




そのため、川崎市中原区の武蔵小杉鍼灸接骨院では、突発性難聴の根本原因に対してアプローチができるよう身体の内部から調子を安定させ、大元から突発性難聴を改善に導いていきます。

突発性難聴になった時の対処法