セルフケア

【睡眠】2分で分かる!2分で睡眠の質を上げるセルフケアをご紹介!

みなさん、こんにちは。

神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨院をやっております武蔵小杉鍼灸接骨院 院長の石丸です。

本日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。

今回はですね【2分でできる睡眠の質を高める方法】こちらを紹介していきますね。

普段から、睡眠に関する相談を受けることは多いです。調べてみたら、5人に1人は睡眠に何らかの悩みを持っているそうです。睡眠の悩みも色々ありまして、寝付けない方もいれば、途中で目が覚めてしまう方、寝てはいるのだけれど眠りが浅い方など様々です。

このブログでは、睡眠の質を高める方法を実際にやっていきながら説明していきますね。

睡眠の質を高める方法、それは【4-7-8呼吸法】です。

なぜ、呼吸法が睡眠の質と関係してくるのかといいますと、東洋医学では『肺』が弱ると眠りが浅くなると考えます。

ここでいう『肺』は、東洋医学での肺ですので、実際に肺活量などの肺の機能が弱るのとは少し違ってきます。

東洋医学では、五臓の働きという考え方があります。この五臓とは『肝』『心』『脾』『肺』『腎』の5つで五臓です。これらはツボのグループの名前となっておりまして、肝のツボのグループ、心のツボのグループなどと分かれています。

五臓には、それぞれ役割がありまして、円滑に働くことでバランスを取っています。このバランスを、東洋医学では重要視しています。

この五臓には、それぞれ眠りに関する症状がありまして、肺の機能が弱くなると眠りが浅くなるといわれています。

ですので、肺の機能を上げる方法として、呼吸を整えることをオススメしています。

中でも、今から紹介します【4-7-8呼吸法】は

  • 副交感神経を高める
  • 不安感を軽減する
  • 睡眠の質を高める

このような効果が期待できます。

特に寝る前にやっていただくのがいいですね。

ここからは実際に4-7-8呼吸法をやってみます。

手順は3つ。

  1. 目を閉じて、両手を膝の上に置きます
  2. 鼻から4秒かけて息を吸い込み、そのまま7秒間息を止めます
  3. 口から8秒かけて息を吐ききります

これを4セット繰り返します。

この呼吸法は、いつでも、どこでもできますのでやってみてください。

オススメは、やはり寝る前ですね。

しっかりと呼吸を整えて、睡眠の質を高める効果が期待できます。

眠りが浅くてお悩みの方は、ぜひ【4-7-8呼吸法】を試してみてください。

他にも、自律神経を整える方法をご紹介しています。

ブログ⇒【自律神経失調症】絶対にやって欲しい朝の習慣2つと効果的なツボをご紹介します!!

動画⇒【10秒押すだけ!】自律神経を整える!不眠や疲労感を根本的に解消するツボ

【パニック障害】発作を緩めるツボと、根本的に改善するツボについて解説します。前のページ

【後鼻漏】鼻詰まりのツボ《上印堂》は、冷やすか?温めるか?についてお答えします!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【後鼻漏】保存版!後鼻漏の本当の原因は自律神経の乱れ。解消セルフケアを紹介します…
  2. 【後鼻漏】1日3回試してみて!!喉に張り付く痰を取り除くツボを紹介します。
  3. 【頻尿】夜間、日中合わせて悩んでる方は1日10粒〇〇食べてください!!

関連記事

  1. セルフケア

    【後鼻漏】時間と痰(鼻水)の関係について。後鼻漏を悪化させない食事の時間?!

    みなさん、こんにちは。神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨院をしていま…

  2. 副鼻腔炎

    【注意】後鼻漏を悪化させる危険な生活習慣と東洋医学的な原因について。

    みなさん、こんにちは。神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨院をやって…

  3. セルフケア

    【呑気症】ゲップが止まらない東洋医学的な原因と解消するツボを紹介します

    みなさん、こんにちは。神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨院をやってお…

  4. セルフケア

    【唾液過多症】よだれが溢れる、そんな方にオススメの食べ物を紹介します!

    みなさん、こんにちは。神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨…

  5. お灸

    【むくみ】あずきで浮腫スッキリ?!利尿効果を引き出すあずきの摂り方をご紹介します。

    みなさん、こんにちは。神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨…

  6. セルフケア

    【睡眠】寒い冬の朝、少しでも楽に起きられる方法をご紹介します。

    冬になると、なんだか起きられない。寒くて布団から出られない。…

  1. お灸

    【実践】鍼灸師が顔面神経麻痺でよく使うツボを2つ紹介します
  2. お灸

    【過活動膀胱】の東洋医学的なタイプ別原因を解説!対処法、誰でもできる簡単なオスス…
  3. うつ

    【不安障害】東洋医学的な原因と心身両方にアプローチする鍼灸治療の理由を解説!
  4. 東洋医学

    【食べ物】耳のつまりや音が響く耳管開放症でお困りの方必見!!オススメの食材
  5. お灸

    【逆流性食道炎】オススメのツボをご紹介!繰り返す原因を東洋医学からの観点で解説し…
PAGE TOP