お問い合わせ TEL

【実践】耳鳴りの治し方!どこでもすぐにできる簡単セルフケアを紹介します!! | 南武線・横須賀線 武蔵小杉駅 徒歩4分 武蔵小杉鍼灸接骨院

お問い合わせはこちら

HOME > 【実践】耳鳴りの治し方!どこでもすぐにできる簡単セルフケアを紹介します!!

【実践】耳鳴りの治し方!どこでもすぐにできる簡単セルフケアを紹介します!!

2022.06.03

皆さん、こんにちは。

神奈川県川崎市武蔵小杉駅で鍼灸接骨院をやっております、武蔵小杉鍼灸接骨院  院長の石丸です。

本日もブログをご覧くださってありがとうございます。

今回は耳鳴り改善のセルフケアですね。こちらを紹介していきます。

耳鳴りもですね、高音のキーンといった金属音のような耳鳴りもあれば、耳元でセミが鳴いているようなジーといったような低音の耳鳴りもあります。

このブログを読んでいただければ、そんなしつこい耳鳴りの簡単なセルフケアが分かると思いますので、耳鳴りで悩んでいる方は是非最後まで読んでいってください。

ブログの流れとしましては、最初に耳鳴りの説明、次に耳鳴りの原因の解説、最後に耳鳴り改善のセルフケアの順番で書いていきます。

耳鳴りとは

まずは耳鳴りについてです。

耳鳴りとは、明らかな体外音源が無いにも関わらず、感じる異常な音感覚ですね。

要は自分の周りで何も音が鳴っているはずが無いのに、耳の中に様々な音が聞こえる状態ですね。

代表的な音としましては《ゴー、ザー、ジー、ブーン》といった低い音や《キーンやピー》といった高い金属音もあります。

この耳鳴りの症状は人口の10%~15%にみられると言われ、非常に多くの方がこの耳鳴りで悩んでいることが分かります。

 

耳鳴りの原因

では、この耳鳴りがどういったことが原因でおきるかといいますと、多くは内耳の異常と考えられています。

耳は外耳、中耳、内耳の3つに分けることができるのですが、耳鳴りの原因の多くは内耳にあるといわれています。

今回、私が紹介するセルフケアではこの内耳のところに刺激を与え、内耳の血の循環、血流ですね。それを上げることを目的とします。

内耳以外の耳鳴りの原因として考えられているのが、加齢や疲労、ストレスなどがありますね。

そういった内耳が原因以外の耳鳴りの対処法も今後動画を上げていこうと思いますので、よろしくお願いします。

耳鳴りを東洋医学的な視点から解説したものもございますので、ご興味があればそちらもチェックしてみてください。

耳鳴りの原因を詳しく解説しているYouTube⇒【耳鳴りの3つの原因】耳鳴りが悪化する原因とポイントを紹介

耳鳴りの原因を詳しく解説しているブログ⇒【耳鳴りの原因】耳鳴りが悪化する身近な原因3つとおすすめ対策食材をご紹介!!

 

耳鳴り改善のセルフケア

ではここからはですね、本日のメインとなります耳鳴り改善のセルフケアについてご紹介していきます。

これは【鳴天鼓】(めいてんこ)と呼ばれる昔ながらの健康法になります。

古来より耳鳴りやめまいの改善に使われてきたマッサージのようなものですね。

 

では、ここからは鳴天鼓のやり方を説明していきます。

手順は4つです。

◎1つ目両手で耳の穴をふさぐようにし指先を後頭部に置きます。

◎2つ目両手の人差し指を中指の上に置きます。

◎3つ目少し力をいれ人差し指を擦りながら弾くようにして下に。ポンポンと後頭部を叩きます。

◎4つ目これを30回繰り返します。30回を1セットとして、1日のうちで何セットかやっていただければなと思います。

 

コツは中指を支点にすることを意識してみてください。中指を支点にして人差し指で後頭部を弾き、頭の中の内耳に振動を与えます。頭の中にトントンと太鼓を叩く音が響くことから、鳴天鼓と呼ばれるみたいです。

叩く強さはそこまで強くなくて大丈夫です。軽くトントンと叩く強さでやってみてください。

頭の中に振動が伝わることで、頭部全体の血流がアップすると言われています。

※注意点

注意点は手で耳を強く塞がないようにすることです。

耳をギューッと塞いでしまうと空気が遮られて、手を外した時に鼓膜に圧がかかってしまいます。

ですので、優しく掌で耳を覆うような感じで大丈夫です。

おまけでポイント

この鳴天鼓、いつやればいいのかなんですが、耳鳴りが気になるときにやってみてもOKです。

基本的にはいつやっていただいてもいいのですが、特におすすめの時間帯がありますので合わせてそちらもご紹介していきます。

東洋医学では体の働きと時間の関係を表した考え方があります。それを子午流注といいます。子午とは時刻のことで流注とは臓器を活発に動かすために巡っている気や血の流れのこと表しています。

その時間のリズムに合った生活をすることで、より養生の効果が上がると考えられています。いわば時間医学です。

この中で耳と関係が深い臓器の時間帯は17時~19時。この時間帯が耳と関連が深い臓器が活発になる時間帯です。

ですので、この17時~19時の間に耳のケアをするのが最も最適といわれていますので、ぜひ17時~19時の間にこの鳴天鼓をやってみてください。

鳴天鼓は頭の血流を良くするため、耳鳴り以外にもめまいや物忘れ、眼精疲労などにも効果的と言われています。それらでお悩みの方も是非やってみてください。

本日は、耳鳴り改善のセルフケアについて紹介していきました。

 

その他、耳に関するYouTube・ブログ

耳の閉塞感が気になる方へおススメのYouTube⇒耳管開放症の【改善方法】となった時の【対処法】

耳の閉塞感が気になる方へおススメのブログ⇒耳管開放症の【改善方法】となった時の【対処法】簡単ツボ押し!!